ブックメーカーの違法性

Chance concept, three red dice on a green felt background.

ブックメーカーで日本から賭ける行為は違法でしょうか?微妙なところではありますが、結論から言うと、今まで警察はこの件に関して対策をとっておらず、インターネットを通じて外国で運営されている賭博には今のところ法律で罰せられることはありません。しかし2016年にオンラインカジノで賭博をしたとして、3人逮捕されていますが、不起訴になっています。この例からみると警察の本気度が伺えますし、引き続きオンラインギャンブルに関してはグレーゾーンであり続けると言えます。勿論オンラインギャンブルを推奨はしないでしょうが、取り締まりが強化されるとも思えません。奇しくもオンラインカジノで逮捕者がでた同年に、総合型リゾート(IR)整備推進法案が成立されました。ギャンブルの窓口を広げていく傾向にある日本ですから、オンラインギャンブルにも未来があるのではないかと思っています。とりあえず、グレーゾーンであり続けるので深刻に考えなくても大丈夫でしょう。先日英紙フィナンシャルタイムズが書いたように、日本でのスポーツベットが合法化へ向かう期待は高まるばかりです。日本スポーツベットやカジノが合法化されると、国への税金が還元されますし、スポーツ団体への寄付金も増え結果いい方向へ向かっていくでしょう。懸念される点はギャンブル中毒への対応になってきます。もし自分自身がひょっとして自分はそうなのかもしれないと思い当たる方は、一度プロの方に相談してみるといいかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA