188BET アジア系ブックメーカートップクラス プロモーション多数 アジアンハンディキャップが魅力

188BETは2006年に創立されたブックメーカーで、フォーミュラワンやプレミアリーグやブンデスリーガ―などのメジャーフットボールリーグのスポンサーやバドミントン大会へのパートナーをやったり知名度と信頼度を上げることに力を入れており、さらに顧客に対してのプロモーションも多数おこなっているので、口座を開いておいた方がいいブックメーカーです。充実したプロモーションを見てみましょう。

ウエルカムボーナス
ウエルカムボーナスは最大100ドルまで2倍分もらえます。100ドル入金で200ドルデポジットになるお得なプロモーション。
賭け金をキャッシュバック
賭け金をキャッシュバックしてくれる嬉しいサービス期間限定ではあるもの、最長5か月まで継続できる。細かいルールがあるものの、使わない手はない。
サッカーフェス抽選で最大88000USドルのフリーベット
そして今やっているサッカーフェス抽選で最大88000USドルのフリーベットやiPhone12などがもらえるチャンス

このようにプロモーションがてんこ盛りの188BETですが、肝心のオッズも競争力のあるオッズを出しています。明日のユーロ2020注目の一戦ポルトガル対ドイツのオッズをみてみましょう。

 

188BETの肝と言えるアジアンハンディキャップ。この大会の結果が良くないのか、開幕週より若干マージンが落ちてきていますが、アジアンハンディキャップでは競争力はあると言えるオッズをキープしてくれています。正直この表を見るとマラソンベットのマージンが輝きすぎているので陰に隠れ気味ではありますが。プロモーションと併称していけば勝率も上がってくるでしょう。ブックメーカーの口座は多く持っておいておく方が有利なのですが、管理するのが大変になってくるのも事実。私自身は8社の口座を使い分けていますが、いいプロモーションがあれば口座を開くようにしています。できるだけお得なフリーベットなどは勝率アップにつながるので大事なポイントと言えます。

188BETはプロモーションと競争力のあるオッズを持っているので、口座をひらく理由になります。ただプロモーションを多用すると、トータルの賭けた金額が少ない場合払い戻しができないケースもあるので注意が必要です。すぐに払い戻しをしたい方はよく考えてプロモーションを使う必要があります。私のように滅多に払い戻しをしない者にはあまり気にはならないので、おすすめのブッキーであるのは間違えありません。

口座の開き方 簡単1分で完了

188Betの口座の開き方はとても簡単。こちらからアクセスして右上の新規登録から下記の図のようにメールアドレスやユーザー名などを入力するだけです。

スマホはこちらから

 

口座開設が完了したら、送金ですがその際にはウエルカムボーナスをこちらから申請してください。申請するをクリックするだけです。それから送金することになりますが、銀行振り込みかエコペイズの二択です。あとの払い戻しや、他のブックメーカーの口座開設などを含めて考慮するとやはりエコペイズがお勧めです。こちらで登録方法を説明しているので、参考にしてください。

 

 

こちらもおすすめ進化を続ける老舗ブッキーウイリアムヒル