ブックメーカーとは? 違法それとも合法? 

Combo System bets

そもそもブックメーカーとは何でしょうか?あまり聞きなれない言葉なので、わからないという方も多いと思います。わかりやすく一言でいうと、賭けの胴元のことです。ブックメーカーは、イギリスなどスポーツベットが認められている国が発行するライセンスを取得して、政府公認スポーツベットを受け付ける会社のことです。

発祥はイギリス1800年ごろ競馬場で賭けを取り始めたのが始まりです。最初は当然ギャンブルに関しての法律もなく、それに反対する意見も多くあったものの、貴族の娯楽でもあったため、グレーゾーン的な存在で月日は流れるもていきます。何度か禁止されて、違法扱いされた時期もあったようですが、1920年代にサッカープール(日本ではTOTOにあたる)が人気をではじめ、それまで競馬のみが賭けの対象とみなされていたのが、人気スポーツであるサッカーへ対象は広がります。これがブックメーカーの爆発的人気につながっていきました。

それと同時期にグレイハウンドレース(ドックレース)が出てきて、庶民のギャンブルへの関心は一層に加速してゆき、1960年代に再びギャンブルが合法的に国から認められ、カジノやブックメーカーが定着していきます。その反面、人気のあったサッカープールは減退していくものの、サッカーの賭けはブックメーカーのおかげで人気の衰えはありませんでした。そのおかげでブックメーカーは成長しつづけます。

1990年代になるとインターネットの普及とともにブックメーカーもオンラインのサービスを展開しはじめると、マーケットは一気に世界へと広がり始めます。その時期に私はイギリスに渡英し、縁あってブックメーカーので仕事をはじめることになり、ブックメーカーの成長を見続けてきました。ブッキーの立場から見たスポーツベットについての解説してみたいと思います。スポーツベットが好きな方や、これから始めてみたいとい興味をもっている方たちに有益な情報を提供していきます。そして、スポーツベットを楽しんでくれる方が増えてほしいと願っています。

スポーツベットは、ギャンブルで投資とは違います。エンターテイメント一環として楽しんでください。賭けて見るスポーツ観戦はまさにエンタメそのもの。競馬をやっている方はよく知っているはずです。