ベットの種類 テニス ウインブルドン 優勝者あて マッチベット ハンディキャップ

テニスは人気のあるスポーツなので、スポーツベットとしてもヨーロッパではとても人気があます。ランキングがオッズと深く関連していています。さらにコートの種類も選手の得手不得手があるので、それも大きな要素となってオッズにつながっています。明日から始まるウインブルドンのオッズをみながら解説していきます。

グランドスラムと呼ばれるテニスの4大大会の一つウインブルドントーナメントは日本でもお馴染みの大会でやはり注目は優勝者あて(アウトライト)でしょう。男子はナダルが出場をやめたのでジョコビッチが抜けた存在でオッズオン(2倍以下)1.8倍で一番人気。メドベージェフ8倍チチパス9倍ベテランのフェデラー12倍と続いていて、錦織は126倍となっています。

女子はセレナウイリアムズが約7倍アシュリーバーティ約7.5倍サバレンカアリーナ約11倍と続いていて、こちらは混戦模様になっています。

マッチベット (試合ベッティング)テニスのベットで一番人気があるのがマッチベットで、その試合でどちらが勝つかを当てるものです。ということで、とてもシンプルですから詳しい説明は必要なさそうです。

ハンディキャップ (試合ハンディキャップ)グランドスラムでは先に3セット取った選手が勝ちとなります。この試合のハンディキャップはホベルト・ホルカシュ-2.5 1.8倍ロレンツオ・ムセッティ+2.5 1.91倍となっているので、つまりムセッティが1セットでも勝てばムセッティの勝ちとなるハンディキャップになっています。逆にホベルト・ホルカッシュは3-0で勝利しなければ、このハンディキャップでは負けとなります。

その他にもトータルセット数(3セット・4セット・5セット)を当てるものや、トータルゲーム数この試合では39.5 オーバーかアンダーを当てるものやセットの特典予想6-0から7-6の14選択から選ぶ高いオッズを好む方向けのベットもあります。さらに試合が始まってからも賭けることのできるライブベットもあるので、賭けなくても試合を見ながらオッズをチェックしてみてください。ウイリアムヒルのライブベットはベットの種類がとても多くて見るだけでも興味がでてくるとおもいます。そしてベットの内容や意味がわからないときは、こちらから気軽にから質問してくださいね。

初心者の方はこちらも読んでみてください。