スポーツベットの種類 1X2 Total Asian Handicap

1X2(3ウェイ)

ブックメーカーについては説明してきたので、賭けについて解説していきます。スポーツベットの中で一番人気のある商品サッカーの例を見てみましょう。

本日5月4日のJリーグ 川崎対名古屋のオッズです。

川崎の勝ち1.51倍 引き分け4.30倍 名古屋6.40倍となっており、川崎の勝ち1.51倍に1000円賭けて、川崎が勝った場合(1.51X1000)=1510円のリターンがもらえます。同様に引き分けに1000円賭けて、引き分けた場合(4.30X1000)=4300円 名古屋に1000円賭けて名古屋が勝った場合(6.40X1000)=6400円 このように倍率に賭けた金額をかけた数字が戻ってくる金額(勝ち金)になるのでシンプルでわかりやすいと思います。注意が必要なのは、延長戦がある場合です。リーグ戦の場合は延長戦はないので、同点で試合が終了した場合、X引き分けとなりますが、カップ戦など延長戦が行われる場合、延長戦で川崎が勝った場合でも、スリーウェイは90分の結果としてみなすので、X引き分けが勝ちになります。

サッカーのベットの種類は多く、トップリーグである英国プレミアリーグだと1試合で100以上のベット種類があります。

トータル(合計)Total

3ウェイの次に人気があるのはトータルで、o2.5 1.90 / u2.5 1.90 トータルは試合で何点入るかと当てるもので、2.5点以上入るが1.90倍2.5点以下だと1.90倍になっていて、試合結果が 3-0だった場合o2.5が勝ちとなり、2-0だった場合u2.5が勝ちになります。日本ではあまり馴染みのない種類だとは思いますが、現在の川崎のように点を多く取れるチームだと面白みがある賭けの種類です。

アジアンハンディキャップ Asian handicap

アジアンハンディキャップは、ハンディキャップの数字を試合結果から足し引きして、賭けの結果を決めるシステムで、通常のマネーライン(勝敗当て)と違って、そのハンディキャップの数字によって、半分勝ち・負けというちょっと複雑な支払い方法が採用されます。上のオッズ表は本日の川崎対名古屋のものです。ハンディキャップが0の場合ハンディキャンプはなく、単純に勝ち負けの結果で判断し、1-1の引き分けだった場合100%の払い戻しになります。それではこれらのハンディキャップの数字が勝ち金にどう影響するかを見てみましょう。

-0.25/+0.25 1点差での勝敗には影響ありませんが、結果が引き分けになった場合、-0.25は賭け金の半分が戻ってきます。+0.25は賭け金の半部戻り、半分の賭け金が勝ちになります。この場合名古屋+0.25に1000円賭けた場合、500+(3.540x500)=2270円の払い戻しになります。

-0.5/+0.5 1点差の勝敗はそのままのオッズで支払いなりますが、引き分けの場合-0.5は負けで、+0.5で勝ちとなります。川崎 -0.5は負け 名古屋+0.5は勝ちになります。

-0.75/+0.75 若干複雑で、-0.75は2点差以上で勝ちとみなされ、1点差だと賭け金の半分払い戻し、賭け金の半分が勝ちとされ1000円賭けた場合、川崎-0.75は500+(1.632x500)=1316円の払い戻しで +0.75名古屋は引き分けで勝ち、1点差での負けの場合に賭け金の半分500円が戻ってきます。

-1/+1 川崎-1  1点差の勝ちは、100%賭け金が戻ってきますが、引き分けの場合は負けで、名古屋+1 引き分けで勝ちですが、1点差で負けの場合100%の賭け金が戻ってきます。

-1.25/+1.25 川崎-1.25 1点差の勝ちで賭け金の半分が戻ってきます。この賭けが勝つためには2点差以上でなければなりません。名古屋+1.25 1点差で負けた場合、賭け金の半分が戻り、半分が勝ちとなり500+(1.699x500)=1349円の払い戻しになります。

-1.5/+1.5 川崎-1.5 2点差以上でなければ勝ちになりません。それ以外は負けです。

+1.5名古屋2点差以上の負け以外は全て勝ちです。

-1.75/+1.75 川崎-1.75 2点差での勝ちは半分の勝ちで、1000円賭けた場合(1000x3.19)/2=1595円の払い戻しです。1点差の場合、賭け金の半分が戻り、残りは倍率の半分が半分の賭け金で支払われます。1000円賭けた場合、500+(3.19/2x500)=1297円の払い戻しとなります。+1.75名古屋 2点差以上の負けで、賭け金の半分が戻り1000円賭けた場合500円が支払われます。

-2/+2 川崎-2 2点差で勝った場合、賭け金が戻ってきます。同様に名古屋+2も賭け金が戻ってきます。

0.25/0.75は若干複雑なシステムですが、やっていくうちに慣れてきます。オッズ

よくみると、マージンが普通のハンディキャップより若干少な目の場合が多いので、そういったラインを狙っていくと勝率アップにつながります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA