ブックメーカー投資で副業⁈そんなこと可能なのでしょうか?

最近副業が流行っているようで、色んな副業の話がYouTubeやネット上で語られています。このブログを始めてから色々とブックメーカー関連のサイトを見て感じたのですが、ブックメーカーで副業というのを見かけることが多々あります。ほんとうにそんな事は可能なのでしょうか?

副業とは仕事であって、ギャンブルとは別物です。そしてブックメーカーはスポーツベットを扱っているところで、スポーツベットはギャンブルです。ブックメーカーで投資と語っているサイトをよく見かけるのですが、とても違和感があります。なぜなら、スポーツブックは100%ギャンブルでエンターテイメント。投資とは別物のギャンブルですから、副業にするにはとても難しいからです。投資とギャンブルが一緒だという考えなのでしょうが、ブッキーとして言わせてもらうと、スポーツベットSports betの言葉の通りベット(賭け)ですから、賭けはギャンブルです、投資とは違います。投資と言った方が聞こえがいいでしょうが、投資とは株や不動産などで、スポーツブックとは別物です。仮にブックメーカーで利益を出し続けていると、ブックメーカーはそういったベッターに制限を掛けてくるので、利益を出し続けることが困難になってきます。

しかしながら、ブックメーカーでのギャンブルにおいて、一定期間トータルで勝つということは不可能ではありません。長年ブックメーカーに身を置いるので、そんなパンター(賭ける人達)の存在は知っています。博才の持ち主は実際に存在していて、明らかにいかさまとは違って、賭けで勝てる羨ましい神的存在のベッターはいるんです。しかしながら、それは全体の1%も存在ぜず、天才と言ってもいい方たちがいるんです。そんな天才が大勢いたとしたらブックメーカーは潰れてしまいます。そして、そのようなベッターにはお約束の制限を掛けていくのです。

実際には多くのパンターはルーザー(敗者)なので、ブックメーカーは厳しい競争で戦っていても存在し、胴元有利なのはマージンだけのおかげではないのが現実なのです。

そんな博才のある天才とは別に、才能とは関係ない方法でブッキーに勝てる方法があって、前にも書きましたがショアベット(アービトラージ 負けない賭け)があります。つまりショアベットに賭ければ、確実に利益出せる方法なのですが、当然ブックメーカーはそれを嫌っていて、汚いアーバーとマークしてベットに制限を掛けてくるので、ショアベッターは難しい状況に追い込まれ、最終的に口座を凍結されるようになるのです。ショアベットを嫌うブッキーがほとんどではありますが、それを気にしないと公言するブックメーカーも存在していて、それがピナクルです。ですから、ショアベットに賭けたいと願っている人はピナクルの口座は必須です。当然ピナクルだけではショアベットは成立しないので、もう一つ(もしくは二つ)のブックメーカーがショアベット寛容である必要があるのですが、他には聞いたことがないので、ベットに制限を掛けられる若しくはベット自体を受け付けてくれなくなる可能性もあることを覚えておいてください。ですが、ギャンブルで勝ち続けるのは夢のある話なので、投資として考え、アービトラージを貫きたいという野望がある方はチャレンジしてみてください。

私自身ブックメーカーで副業というのが繰り返しになりますが、とても違和感があります。とても胡散臭く聞こえますし、疑いの目でみてしまいます。その人たちがショアベッター(負けない賭け)で生き残っているとは考えずらいし、数少ない博才のある人だとも思えないからです。私自身は、ブックメーカーとは楽しいエンタメだと思っていて、日本人の多くの人達に、試合の前に賭けて観戦する楽しさを経験して、できれば賭けも当てて、アドレナリン全開の興奮状態を経験をしてほしいと願っています。私自身もブックメーカーに対してはそのような立ち位置でいます。そして、やっぱり賭けには勝ちたいとおもっています。どこまでやれるか気になるので、勝利アップできるような情報をできるだけ紹介していきたいと思っています。