天皇杯サッカー決勝 浦和対大分

これまで元旦に行われていた天皇杯決勝が、今年は明日12月19日に変更。例年とはちょっと違う雰囲気での決勝は例年どおり国立競技場で開催。チケットは完売していて6万8000人の満員で行われるのでスタジアムも白熱する試合が期待されるところですが、どうなるのでしょうか。

人気の浦和は今季限りでMF阿部の引退。DF槙野とDF宇賀神は退団が決定していてともに戦う最後の試合でモチベーションは高くなっている。一方の大分はクラブ史上初の天皇杯決勝だが来季はJ2降格が確定していて6年間チームを率いた片野監督も退団が決まっているので勝って監督の花道を飾りたい思いは強い。両チームともにそれぞれ勝ちたい思いは強いので、難しい戦いになりそうだし、カップ戦では番狂わせも起こりやすいので面白い試合になるのは間違えない。そして勝者にはAFCチャンピオンズリーグへの出場権が獲得できるので熱い戦いになるのが期待できそう。それではブックメーカーのオッズを見てみましょう。

90分のスリーウェイでは浦和1.66 引き分け3.54 大分5.38で浦和人気は予定どおり。

トータル2.5ラインは2.31オーバー1.6アンダーでこちらも予定通りロースコア予想になっている。

ドローノーベットの2ウェイは浦和1.23大分3.88で延長になった場合は賭け金は払い戻しされる。ちなみにリーグ戦では浦和-大分は一勝一敗のタイ。ここまで差があるオッズだと大分3.88倍が面白い存在にみえてくる。さて、どれに賭けて観戦しますか?応援するチームかそれともギャンブルするのか。人それぞれだと思いますが、いい試合を期待したいですね。

キックオフ前に試合のオッズをチェックしてみると、昨日午後11時頃のオッズと激しい動き、浦和のオッズがプッシュされ、1.66→2.00と急上昇逆に大分5.38→4.12と急降下して高い大分のオッズに買いが入ったようです。前にも書きましたが、大分のオッズがカップ戦の決勝オッズ5.38は若干高く感じていたので、浦和2.00が妥当なオッズに見えます。今回はライブのオッズをチェックしながらオッズの変化を見ていきましょう。

前半6分浦和先制 1-0

前半6分浦和江坂のゴールで試合が動きました。スリーウェイ浦和1.27 引き分け5.00 大分11.26とオッズも変動します。

その後何も起こらず、残り15分の時点で、浦和1.13 引き分け6.18 大分43.26 このまま終わってしまいそうな雰囲気でしたが、終了間際にドラマが待っていました。

後半90分 大分スコア同点 1-1  

終了間際の90分大分ペレイラのヘディングで同点にします。この時点で浦和10程度 引き分け1.07程度 大分26程度 下のオッズは更新が追いついていない為オッズにばらつきがあります。やはりカップ戦の決勝一筋縄にはいきません。

後半90分+3 浦和スコア 2-1

このまま延長にもつれるのだろうと誰もが思っていたところアディショナルタイム3分退団が決まっている途中出場の槙野が頭で押し込こみゴール。これが決勝点となって延長にならず90分でドラマチックな展開で決着がつきました。ゴール後数秒でベットオファーも終了するというゲームでした。ブッキーサイドからみると、ライブベットでは長い時間浦和がリードしていたので、この延長になった方が良い展開でしたが、トータルでは終了間際に2点も入ったのはいい結果に終わっているはずです。

さて皆さんの結果はいかがでしたでしょうか?試合直前に浦和に賭けた方はいい感じで祝杯をあげられていることでしょう。個人的には浦和が先制したあとに引き分けに行ってしまったので、非常に残念な結果となりましたが十分に見どころあって勝ちもちらついて興奮できたので楽しめました。それではまた近いうちに更新していきたいと思っています。