凱旋門賞JRAオッズチェック ブックメーカーとのギャップが妙味になる。

14:30 時点のオッズです。デットーリ騎乗のラブが出走取消になり14頭立てで行われることになりました。ラブは昨日の時点で21倍程度でしたが、ブックメーカーのオッズも動きがあり、価値あるベットが明確になってきました。それでは、JRAとブックメーカーのオッズの比較をみてみましょう。

20.80%11.87%17.56%28.79%
馬番馬名JRA複勝(1,2,3)HillsPoddyPowerSportsbetIO
1トルカータータッソ86.99.6-14.9675161
2ディープボンド  6.92.1-3.0293421
3ブルーム18.93.9-5.8515151
4タルナワ71.8-2.554.333.7
5ラブ取消取消
6ラービアー48.75.9-9.0292121
7クロノジェネシス3.21.5-1.911118
8モジョスター71.18.1-12.5343631
9ベイビーライダー134.421.6-33.515191101
10アダイヤー7.12.3-3.44.543.8
11ハリケーンレーン6.71.8-2.54.553.9
12シリウェイ87.912.5-19.4413631
13アレンカー76.99.5-14.6171514
14バブルギフト107.415.3-23.810110181
15スノーフォール4.41.4-1.865.55

JRAオッズの妙味はどの馬?

想定していたように、JRAでは日本馬ディープポンド、クロノジェネシスが売れていて、ディープポンド7.2倍クロノジェネシス3.2倍となっていて、特にクロノジェネシスの被り方が目立っています。この2頭に投票を考えている方はブックメーカーで賭けるべきです。逆にJRAのオッズで買いの馬は、ブッキーの人気馬 アダイヤー6.7倍 ハリケーンレーン6.9倍は価値あるオッズになっていて魅力的です。これらのオッズがこのままであれば、ベットエクスチェンジで転売すればリスクフリーのベットが確立できます。例えばハリケーンレーン6.7をベットエクスチェンジで5倍で売れば、5%程度コミッションを支払ったとしても利益は確保できて、もし100ドルハリケーンレーン賭けて、ベットエクスチェンジで100ドル分5倍で売った場合をみてみると、もしハリケーンレーンが勝った場合、

JRA 6.7*100=670ベットエクスチェンジ5%のコミッション25ドルを支払った計算は 5*100-25=475となって、差額の195ドルが利益となります。勿論馬が負けた場合は利益はありませんが、これ繰り返すことによって、勝率が上がってくるのは間違えありません。ベットエクスチェンジでの口座開設や諸々の手間はかかりますが、試す価値はあるとおもいます。

その他にもJRAでの価値あるオッズは、ラービアー47.1倍 モジョスター72.7倍 シリウエイ87.9倍アレンカー76..9なども魅力的で、特にアレンカーはベットエクスチェンジでは18倍程度なので、20倍で売っても妙味は大きいです。

今回のオッズをチェックした時に感じたのは、オッズ表のうえの部分にJRA20.8%とある数字はマージン(除去率)です。競馬にむかしから力を入れている老舗ウイリアムヒルズのマージンがダントツに優れていて、12%に収めてあります。素晴らしいマージンで魅力的です。逆に残念なのはスポーツベットアイオーの27.96% ぼったくりバーに匹敵るぐらい酷いマージンで、ここではオリジナルの競馬オッズは敬遠したほうがよさそうです。以前サッカーのオッズをチェックした時はそれなりのマージンだったので、プロモーションは魅力的にみえていたので、このように掘ってみると粗がみえてきます。

さて、まとめてみると、現在のJRAオッズでは、タルナワ、アダイヤー、ラービアー、シリウェイ、アレンカーが価値あるオッズになっていて、逆にディープポンド、クロノジェネシス日本馬に賭けるならブックメーカーで賭けるのが価値あるベットになります。どのようになのか、結果楽しみです。