アメリカでもスポーツベットが合法化へ

これまでアメリカはオンラインギャンブルを違法としてきていて、ラスベガスだけは合法としていました。それに変化がでてきています。連邦政府は2年前に禁止にしているものの、80%の州でスポーツベットを合法化しているか、そのための法案を提出しているようです。これまでスポーツベットはラスベガスのみで認められていましたが、それが各州で合法化されつつあります。

それを見越して、アメリカの大手カジノシーザーズエンターテイメントは21今年の4月にウイリアムヒルズの買収を発表。2011年にヒルズはアメリカのブランディワインブックメイキングを買収していて、地盤固めを行っていたので、これからのアメリカでの展開は加速していくでしょう。ついにアメリカでもスポーツベットの扉が開かれ、ブックメーカーの激しい競争が行われることでしょう。そして日本にもその影響がでてくるのではないかと期待せざるを得ません。シーザーズエンターテイメントはウイリアムヒルズのUS以外の資産は21年以内に売却したいようで、ヒルズのこれからの行方は注目です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA