サッカーワールドカップ予選 日本代表初戦敗れる 次戦は中国戦

ワールドカップ最終予選が始まりました。注目の初戦、日本はオマーンをホームに迎えて行われましたが、格下相手にまさかのホームで負け。オッズは20社平均で日本1.14倍引き分け7.28倍オマーンは15.64倍なので、大穴が勝っちゃった結果となりました。ちなみに以前オッズを調べるサイトOddsportalを紹介しましたが、今回は過去のオッズを見つけることができるサイトBetexporlerを紹介します。過去の試合のオッズを調べたりするのに便利なのでブックマークしておくと重宝します。若干サイトが重いのが少し気になりますが、データの量がおおいので仕方がありません。

負けられない戦いで、初戦をホームで負けてしまった日本代表の気になる次戦は9月8日深夜0時に中国と戦います。試合は中国がコロナで自国開催をしない方針のようで、バーレーンで試合が行われるので日本にとっては中国で試合をするよりプレッシャーは少ないでしょう。しかし、初戦を負けているだけに次戦のプレッシャーは相当なもの。オッズはベットエクスプローラーでスリーウェイを見てみると、中国11.59倍 引き分け5.87倍日本は1.22倍で、中国に賭けるならオッズは楽しめるとおもいますが、初戦を見た後で、ニュートラルグラウンドで戦える利点はあるものの、日本の1.22倍には魅力を感じられません。そこでトータルのオッズを見てみると2.5オーバー1.6倍アンダーが2.28倍と3点ぐらい入る予想のオッズになっていて、スリーウェイよりこちらの方に面白みを感じます。

一方で、初戦をバーレーンでオーストラリアと戦った中国は0-3で敗れています。その時のスリーウェイオッズはオーストラリア1.87倍引き分け3.45倍中国4.07倍。日本戦と比較すると、スリーウェイ日本の勝ち1.22倍と比べると日本を好評価オッズになっていますが、日本の初戦を見てしまうと少し疑問も感じられます。日本を応援しなくても大丈夫というベッターにとっては、次戦の中国対日本は引き分けや中国のオッズに価値を見出せるかもしれません。私のようにそのように割り切って賭けることができない方たちはトータルで賭けるのがお勧めです。試合の勝ち負けには関係なく賭けが成立するので、また番狂わせが起こっても、賭けで勝てる可能性がありますし、日本に勝って欲しいけど、引き分けに賭けていて、試合中微妙な心理になって試合を楽しめなかった経験が何度もあるので、このような場合私はトータルに賭けてみることが多いです。

さて、あなたはどれに賭けて試合をみますか?試合が見れるのであれば是非賭けて試合を見てほしいです。そしてあの興奮を体感してほしいです。もう慣れている方たちは試合もみないという方たちもいるでしょう。そういう方たちは日本以外のスリーウェイに妙味を感じられるオッズになっているので、ある意味チャンスかもしれません。個人的には最終的に日本はワールドカップには出場できるとおもっているので、ここで連敗はないのではないかと思っています。キックオフは明後日の深夜0時です。楽しみですね。