日本シリーズ第六戦 オリックス対ヤクルト 必見!白熱のゲーム展開中

白熱する今回の日本シリーズ。逆転につぐ逆転の展開で僅差のゲームが続いていて、野球の面白さを見せてもらって久々にプロ野球で興奮させてもらっております。各メディアも絶賛の嵐で盛り上がりをみせていて、このまま七戦まで続けてほしいです。

王手をかけているヤクルトは、五戦目は高津監督の誕生日で勝って優勝を決めたかったはずでしたが、シナリオどおりにはいきませんでしたが、その代わりにオリックスに流れが向いてきて、ホームに戻り絶対的エース山本が今日登場してきます。第一戦で後続が打たれて負けてもおかしくない展開でしたが、劇的なサヨナラゲームで勝っています。今回はどうなるのでしょうか。

それではブックメーカーのオッズを見てみましょう。

オリックス1.51ヤクルト2.55 第一戦のオッズと似ています。エース山本相手なので妥当な評価。Bet365がオリックス1.55で現在のベストオッズになっています。

続いてトータルを見てみましょう。

各社6点を基準とみなしています。第一戦では5点でしたが結果4-3だったので、これも妥当な判断だと言えます。このシリーズは先発はきっちり抑えていますが、後続投手がフォアボールから打たれるケースが多いので読みが難しいですが、今日は野外の球場で寒い環境の中でのゲームなのでそのあたりが鍵になりそうです。ロースコアの展開になるのではないではないかと思っていて、4.5 5.5アンダーのオッズも気になるのでチェックしておきます。

4.5アンダーピナクル2.79でマラソンベットでは2.99と高めのオッズで魅力的です。5.5だと平均2.08 ここでもマラソンベットの2.12がベストオッズです。マージンはピナクルが97%マラソン95%とピナクルの方がいいのですが、マラソンは攻撃的に攻めの姿勢をここでみせています。通常だとマラソンのアンダーに被りオッズが動いていくのですが、どうなっていくのかも注目しておきます。

これまで五戦終わった時点で、第2戦0-2以外は全て1点差のゲームでした。こういう試合はハンディキャップにも妙味がでてきます。なので、ハンディキャップのオッズもチェックしてみましょう。

+1.5ヤクルト1.68 -1.5オリックス2.17 となっています。1点差でオリックスが勝つとしたら、+1.5ヤクルトで現在のベストオッズは188Betの1.72です。

 

今日の試合はフジテレビ系列地上波で放送されます。地上波は一番早いメディアなので是非ライブベットにも注目して欲しいです。ライブベットではコンマ数秒の遅れが生じるので、若干のアドバンテージが日本のベッターにはあります。ホームランだとキャンセルされることもありますが、2塁打3塁打のようなチャンスになった時に賭けると有利になります。しかしコンマ数秒のことなので難しいことですが、あらかじめ攻撃チームに賭ける金額を入力しておけば早めにアクションできますし、それがイニングベットであればなおさらチャンスは高まります。放送をみながらどれぐらいギャップがあるのかを確認して、ギャップが長ければ挑戦する価値はあるとおもいます。

それでは今日のゲームを楽しんでください。Good luck!